25日 3月 2020
子どもの頃や10代の頃に 何かの出来事がキッカケで コンプレックスやトラウマ 恐怖心などマイナスの感情を持ってしまい それが大人になった現在も 今の自分に影響を及ぼすことは 少なくありません。 スピリチュアル的観点から見ると そういう過去の出来事が 今に影響を及ぼすことはあるとされていて その反対に「嫌われる勇気」という本で有名な...
09日 2月 2020
見せかけの自分がいる限り、あなたは自分を愛せない
07日 2月 2020
良かれと思って人のためにしたことに対して、後ろ足で砂をかけられた時の対処法
27日 3月 2019
僕がヨガを始めたのは28歳で、その頃の僕は、腰痛や肩こりが酷く、それらを改善しようとヨガ教室に通い、実際にやってみると、その効果に驚き、また18歳から独学で学び実践してきた瞑想とも深く結びついていることを知り、ヨガにのめり込むようになっていきました。 そうして教室に通い出して1年半ぐらい経った頃でしょうか。
06日 9月 2018
人生はまるで“振り子”のようなものです。 楽しい時や幸せな時など良い時もあれば、 苦しく悲しく怒りに満ちたり絶望したり 最悪な時を、まるで振り子のように 行ったり来たりを繰り返していく。 生きるとは、そういうものです。 それを、ずっと良い状態で 居続けようとすることは、 引力に逆らって無理をすることになるので、 後で必ず反動がおきます。
27日 6月 2017
外に向けたアンテナをシャットダウンして、もっと生きやすくなるためにヨガと瞑想が効果的。
07日 4月 2017
カウンセリングを受けられる方で、特に初めて来られる方は、今抱えている悩みや問題について、ある程度の“答え”のようなものを自分の中で抱いた状態で来られることが多くあります。 そして、心のどこかで、僕がその答えに沿ったコトを言うのを“期待”しているものなんですよね。 はい、そんな心の奥底にある淡い期待や予想も、僕にはわかっています。...
19日 4月 2016
最近ヨガの生徒さんや知人などから、その方の知人の精神的な病についての相談を受けることがよくあります。 そんな中でよく耳にするのが  「病院に行っても話を聞いてくれない」  「薬を出されるだけでまったく良くならない」 という患者さんの声。 これには今の日本の精神科医療が抱える問題があります。...
09日 3月 2015
実は、僕ら夫婦は結婚して1年が過ぎた2014年から妊活に取り組んでいます。 婦人科を受診し検査でわかったこと。 妻は片方の卵管閉塞で、子宮内膜も薄くなっていて、僕は精子の活動量が下がっていました。 そう、つまりは妊娠しにくい状態であるということ。 年齢的なこと(2014年時点で妻は41歳、僕は37歳)もあり...
16日 10月 2014
「眠れるヒーリングヨガ」の最大の特徴は“催眠誘導瞑想”ですが、これって何?って思われている方も多いかと思いますので、実際の生徒さんの実例をもとに説明していこうと思います。 この催眠誘導瞑想では、皆さんにはマットの上で仰向けに寝た状態(シャバーサナ)でブランケットを掛けて目を閉じて休めて頂きます。...

さらに表示する