言ってほしいと密かに思ってるコトを伝えるわけではない。

カウンセリングを受けられる方で、特に初めて来られる方は、今抱えている悩みや問題について、ある程度の“答え”のようなものを自分の中で抱いた状態で来られることが多くあります。 そして、心のどこかで、僕がその答えに沿ったコトを言うのを“期待”しているものなんですよね。 はい、そんな心の奥底にある淡い期待や予想も、僕にはわかっています。...

続きを読む

心の病は薬では治らない

最近ヨガの生徒さんや知人などから、その方の知人の精神的な病についての相談を受けることがよくあります。 そんな中でよく耳にするのが  「病院に行っても話を聞いてくれない」  「薬を出されるだけでまったく良くならない」 という患者さんの声。 これには今の日本の精神科医療が抱える問題があります。...

続きを読む

僕が妊活ヨガや子宮温活に取り組む理由

実は、僕ら夫婦は結婚して1年が過ぎた2014年から妊活に取り組んでいます。 婦人科を受診し検査でわかったこと。 妻は片方の卵管閉塞で、子宮内膜も薄くなっていて、僕は精子の活動量が下がっていました。 そう、つまりは妊娠しにくい状態であるということ。 年齢的なこと(2014年時点で妻は41歳、僕は37歳)もあり...

続きを読む

催眠誘導瞑想ってどんなもの?

「眠れるヒーリングヨガ」の最大の特徴は“催眠誘導瞑想”ですが、これって何?って思われている方も多いかと思いますので、実際の生徒さんの実例をもとに説明していこうと思います。 この催眠誘導瞑想では、皆さんにはマットの上で仰向けに寝た状態(シャバーサナ)でブランケットを掛けて目を閉じて休めて頂きます。...

続きを読む

ヒーリングヨガの名称変更とその理由について

久しぶりのHPブログの更新となってしまいましたが、、、 2014年9月よりこれまでの「SyoZoのヒーリングヨガ」を 「眠れるヒーリングヨガ」と名称を改めました。 これは生徒さん達の声をもとに名称を変更することにしました。...

続きを読む

グローバル企業が瞑想を取り入れている理由

皆さんは「瞑想」と聞いてどんなことをイメージしますか? なかには、難しそう・・・ なんだか怪しい・・・・ そんなイメージを抱いている人もいるかもしれませんね。 今回はそんな瞑想のお話しです。 今や世界のグローバル企業は、社員教育や福利厚生として瞑想を社内に積極的に取り入れています。 例えばGoogle社は・・・

続きを読む

WHOで「健康」の定義に“スピリチュアル”が提案されている。

皆さんは“スピリチュアル”が健康の定義としてWHO(世界保健機関)で話し合われていたということをご存じでしょうか。 WHO憲章では健康の定義を 「健康とは、ただ病気でないとか、虚弱でないということではなく、肉体的にも精神的にも、そして社会的にもすべてが満たされた状態である」 と定義されていますが、1998年に新しい提案がされています。...

続きを読む